辛い副作用もある

抗がん剤の副作用、といえば脱毛、嘔気、下痢などが浮かぶと思います。がんは細胞増殖が盛んな細胞から成るため、細胞増殖を抑える薬剤が抗がん剤として承認され、使用されてきました。その結果、細胞増殖が盛んな髪の毛を作る細胞や、消化により毎日再生される消化器系の細胞にも作用してしまい、副作用として脱毛や嘔気、下痢が起こっていました。このころの抗がん剤の副作用は、正常な細胞に作用することによって起こってしまう副作用が多いのが実情です。抗がん剤は、このような薬剤の使用から、近年健康な細胞への悪影響が少なく、その結果、副作用も少なく、よりピンポイントにがん細胞に届く薬剤が開発されてきています。これらは作製に高度な技術を要することから、最終的に販売される抗がん剤の値段としては非常に高額になってきています。例えば、悪性リンパ腫の細胞を標的とした薬剤で一回400万弱、最近注目されている、もともと人がもつ免疫に作用し、がん細胞を自らの免疫を通して攻撃する薬剤では、一回の投与で150万ほどの薬剤になっています。

抗がん剤は、癌腫ごとに推奨される使用方法や組み合わせが、これまでの研究や臨床試験からある程度定められており、この時だけこの抗がん剤を使いたい、というのでは期待する効果が得られず、また余計な副作用を引き起こすことがあります。また、抗がん剤は1剤だけでなく、複数の抗がん剤を組み合わせて使用することがあります。さらに、抗がん剤に限らず、病院で処方される薬剤には割引はありません。そのため、費用を抑えるといった方法は基本的にはありません。ただし、近年、複数の薬剤を使用したり、画期的に効き目を発揮するような新しい薬剤の使用は非常に高額であるため、高額療養費制度が利用できることがあります。この場合、毎月ごとの金額により制度が適用されるため、病院の来院日(つまり医療費の病院への支払い)を調整することで、より高額療養費制度の恩恵を受けることができる可能性があります。